MapTilerで海のベクトル地図を作る

2020年12月01日発行

MapTilerで海のベクトル地図を作るイメージ

ほとんどのウェブマップは、陸地の特徴に焦点を当てており、海は平らな青いポリゴンとして残されていることが多いです。それを変えて、見栄えを良くしましょう!ここでは、MapTilerDesktopでバティメトリー・ベクトル・タイルを作成し、MapTilerCloud で海の深さをマッピングするための簡単な手順をご紹介します。

バティメトリー・ベクトル・タイルの作成

海洋深度データは、NaturalEarthウェブサイトのbathymetryセクションで見ることができます。グローバルにネストされたポリゴンは、個々のシェープファイルとしてダウンロードされ、それぞれに0から-10000メートルのDEPTH属性が付いています。

このデータはそのままでも処理できますが、私たちはむしろQGISでまずすべてのシェープファイルをマージし、ポリゴンを深度ごとに分解します。そうすることで、MapTilerDesktop に単一の入力データソースを提供することができ、処理が速くなります。あとは必要なズームレベル(z0-z5)を調整し、レンダリングを開始するだけで、数分で最適化されたベクタータイルを得ることができます。

その結果は、MapTilerCloud に直接アップロードされ、関連アカウントの「Tiles」セクションに新しいタイルセットが作成されます。

海の地図

MapTilerでバティメトリー・ベクトル・タイルを処理するDesktop

深海のマッピング

データ ソースとして参照される新しいバティメット タイルセットを使用して、単一の塗りつぶしレイヤーでマップを作成できるようになりました。スタイルを整える簡単な方法は、fill-colorプロパティにデータ式を使用することです。このデータ式は、DEPTH の最小値と最大値の間で 2 つのカラー コードを補間します。また、標準的なマッチ式を使用して、すべてのDEPTH値に対してカラーを定義し、レンダリングされたカラーパレットを完全に制御することもできます。

同じバティメトリーレイヤーを上に追加したラインレイヤーで使用して、スタイルのある水深ポリゴンを強調することもできます。最終的には、水深値のラベルを地図上に表示するために、ラインを配置したシンボルレイヤーで使用することもできます。

海の地図

MapTilerCloud アドバンストエディタでのスタイル表現例

ベクトル海洋地図の公開

このデータとスタイルをMapTilerのマップに追加することもできますし、独自の海洋マップを作るための出発点として使用することもできます。このサンプルマップでは、Topo マップスタイルの簡易版にこのデータを追加しました。MapTilerCloud で公開されたマップは、通常通り TileJSON、XYZ、WMTS の各エンドポイントから利用できます。また、Static Map APIを使って地図の画像を生成することもできます。

海の地図

これらの手順は、無料版のMapTilerDesktopと無料のMapTilerCloudのアカウントを使って簡単に再現できます。処理の高速化や大規模データのホスティングには、有料プランへのアップグレードが必要です。

ニコラ・ボゾン

カルトグラフィーリード
掲載日:2020年12月01日

Découvrez MapTiler en français!

Visitez maptiler.fr

Přečtěte si více v češtině

Více na maptiler.cz

Leer más en español

Visite maptiler.es

Meer in het Nederlands

Ga naar maptiler.nl

日本語で詳細をみる

maptiler.jp へ

Weitere Informationen finden Sie

auf MapTiler.de

ديزملا فشتكإ

maptiler.ae ىلإ ىقتنا

MapTilerをスイスで探す

MapTiler.chを見る