MapTilerでの高解像度衛星画像の第一弾Cloud

2018年9月17日発行

MapTilerの高解像度衛星画像の第一弾Cloud 画像

MapTilerCloud の地図ホスティングにおいて、高解像度の衛星画像の第一弾を提供しました。オランダでは25cm、デンマークでは12.5cmの解像度が用意されており、その他の地域も近日中に公開される予定です。これらの衛星画像は、全世界をカバーする現在の中解像度の雲なし衛星レイヤーにシームレスに統合されています。

12.5cmの解像度にズームイン

高解像度の航空写真は、現在の中解像度の衛星画像レイヤーに加えて、20mの解像度で地球全体の雲のない衛星レイヤーを提供しています。両極の夏季に撮影されたもので、植生のピークを捉えています。

現在の高解像度航空写真は、デンマーク(解像度12.5cm)、オランダ(解像度25cm)のほか、チューリッヒ、プラハ、ボストン、サンフランシスコ湾岸地域などをカバーしています。現在は米国全体をカバーしていますが、西ヨーロッパの他の地域も間もなくカバーする予定です。

既にドローンや航空写真、衛星写真をお持ちの方は、MapTilerCloudからそれらを提供することができます。また、技術マニアの方は、自由に利用できるソースから独自の衛星地図を作成する方法をお読みください。

カリフォルニア州フォスターシティ カリフォルニア州フォスターシティ

航空写真による地形の3D化

また、衛星レイヤーと地形データを組み合わせて3Dモデルを作成し、オープンソースのCesium JavaScriptライブラリを使ってWebアプリケーションで利用できるようにしました。

地形だけでなく、衛星レイヤーも地球全体をカバーしているので、全世界を3Dで見ることができます。

高精細な航空写真と地形データを組み合わせて、MapTilerで3Dモデルを作成します。Cloud

高精細な航空写真と地形データを組み合わせて、MapTilerで3Dモデルを作成します。Cloud

加工技術

衛星レイヤー全体の作成には、コンピュータクラスタ上で動作するMapTilerDesktopのより強力なバージョンであるMapTilerCluster を使用しました。様々なプロバイダーや季節の画像を含むレイヤー全体の統一感は、MapTilerDesktop 9 で紹介されている私たちのカラートーニングアルゴリズムによって実現されています。

MapTilerCluster は、大きなジオデータを小さなタスクに分割して処理することができ、マスターサーバーからDockerコンテナで動作するマシンに送られます。このタスクは、マスターサーバーからDockerコンテナを実行しているマシンに送られ、ステータスを報告し、完了した作業を事前に定義されたストレージに送信します。

MapTilerCluster ウェブダッシュボード

MapTilerCluster ウェブダッシュボード

セルフホスティングまたは高速で安全なインフラから

中解像度の画像をダウンロードして、お客様のインフラやその他のクラウドサービスでセルフホスティングすることができます。

99.9%のアップタイムを誇る高速で安全なインフラから、高解像度の画像を使い始めることができます。

地図を閲覧したり、一般的なJavaScriptライブラリ(Leaflet、OpenLayers、MapBox GL JS、WebGL Earth)、モバイルSDK(AndroidとiOSの両方に対応)、QTや.NETを使ったデスクトップアプリケーション、デスクトップGISソフトウェアなどで利用することができます。

Dalibor Janak

シニアプロダクトマネージャー&テックリード
掲載日:2018年09月17日

Découvrez MapTiler en français!

Visitez maptiler.fr

Přečtěte si více v češtině

Více na maptiler.cz

Leer más en español

Visite maptiler.es

Meer in het Nederlands

Ga naar maptiler.nl

日本語で詳細をみる

maptiler.jp へ

Weitere Informationen finden Sie

auf MapTiler.de

ديزملا فشتكإ

maptiler.ae ىلإ ىقتنا

MapTilerをスイスで探す

MapTiler.chを見る