文化遺産におけるイメージのためのIIIF

2014年10月20日発行 更新日:2014年10月31日

文化遺産のイメージのためのIIIF

古地図、書籍、写真などの文化遺産ドキュメントのオンラインスキャンは、ギャラリー、図書館、アーカイブ、博物館によって公開されています。これまで、この分野では公式な標準化活動は行われていなかった。これが現在、国際画像相互運用フレームワークIIIF(http://iiif.io/)によって変わりつつあり、機関を超えて大規模なラスター画像に簡単にアクセスできるようになっています。

いくつかの便利な機能を備えた、新しいオープンソースのIIIFビューアを発表しました。 

  • クライアント側での回転 - 指でピンチ、マウスでAlt-Shiftドラッグ - 描画ツール - 多角形、線、マーカー - 写真の一部に注釈を付けるために使用 - 色の調整 - 彩度、明度など

デモは以下のサイトでご覧いただけます。 http://klokantech.github.io/iiifviewer/

このビューアは純粋なJava Scriptで、モバイル向けに最適化されており、ズームはほぼネイティブな感覚で、私たちが共同開発しているOpenLayers V3オープンソースプロジェクトを採用しています(このブログ記事を参照)。

klokantech.github.io/iiifviewer/で気軽に試してみてください。

ソースコードはGitHubで公開されています:github.com/klokantech/iiifviewer/。

このビューアは、大規模な画像や地図を公開するためのオープンソースツールのモザイクのもう一つの重要な部分です。高性能なオープンソースのJPEG2000画像サーバーと一緒に使うことで、何千人ものユーザーに非常に高速で効率的なサービスを提供することができます。

JPEG2000画像のIIIFエンドポイントを提供するサーバーは、Klokan Technologies社が、オーストリア国立図書館とそのGoogle BooksスキャンプロジェクトであるtheAustrian Booksの協力のもと、2013年に開発・公開したものです。ドキュメントは、github.com/klokantech/iiifserver/で公開されています。 Server ソフトウェアは、Windowsだけでなく、Linux、Mac OS Xでも動作します。簡単に使えるインストーラーも用意されています。 IIPImageサーバーを搭載しており、私たちのコードは最近リファクタリングされ、メインのIIPImageリポジトリにマージされました。

このオープンソース・ソフトウェアをインストールするためのサポートとメンテナンスは、Klokan社によって提供され、JPEG2000 Kakaduライセンスへのアクセスも可能です。

ドキュメントはhttps://github.com/klokantech/iiifserver/でご覧いただけます。

Découvrez MapTiler en français!

Visitez maptiler.fr

Přečtěte si více v češtině

Více na maptiler.cz

Leer más en español

Visite maptiler.es

Meer in het Nederlands

Ga naar maptiler.nl

日本語で詳細をみる

maptiler.jp へ

Weitere Informationen finden Sie

auf MapTiler.de

ديزملا فشتكإ

maptiler.ae ىلإ ىقتنا

MapTilerをスイスで探す

MapTiler.chを見る