バナー画像

変更履歴

MapTilerの新しいバージョンと最新のアップデートのリストEngine.

バージョン12.0

2022年10月24日発売

  • MapTilerDesktop は、MapTilerEngine になり、柔軟なプランとより手頃な価格で提供されます。
  • MapTilerEngine PRO Webから直接利用できる プラン
  • 出力にカスタムウォーターマークを追加
  • 最適化されたPNGタイルが新しいデフォルトの出力フォーマットになりました
  • お客様の出力で生成されたMapTilerベースマップを使用したサンプルHTMLビューアーを更新しました。
  • 入力ファイルから透明度の高い色を選ぶ
  • その他小さなユーザーエクスペリエンスの向上

バージョン11.3

2021-12-21リリース

  • ライブ入力のプレビューや最終マップのベースマップの変更
  • ベクトルマップ検査モードの改善
  • 高度なレンダリングオプションを備えた新しいグローバル設定 - リサンプリング、フォルダタイリングスキーム、スパース出力、Retinaスケール、ディレクトリ、...。
  • ファイルベースのズーム設定、ドラッグ&ドロップ、複数ファイルの編集を改善
  • その他小さなユーザーエクスペリエンスの向上
  • PRO バイナリのAutoUpdateリンクを修正

バージョン11.2.1

発売日 2021-09-21

  • Linuxでのライセンスキーによるアクティベーションの問題を修正

バージョン11.2

2021-06-17発売

  • レンダリング前の出力の推定
  • Google EarthのKMLやGarminのようなGPSマップを作成することができます。
  • Cloud (MapTiler、S3、Google、Azureなど)にアップロードされた完成した地図を同じように美しく表示します。
  • GeoPackageまたはMBTilesのDrag&Dropで、直接地図をプレビューすることができます。
  • 各OSのMapTilerDesktop でサポートされているファイルのアイコンをよりカスタマイズしました。
  • Amazon S3, GoogleCloud Storage, Microsoft Azure [PLUS] にアップロードします。
  • メルカトル座標の範囲外にあるベクタージオメトリをタイリングするのを修正しました。
  • GeoPDF用ビジュアルジオリファレンスツールの修正
  • その他の小さな修正と改善

バージョン11

2021-02-22発売

  • ベクトルタイルジェネレータの新しいユーザーインターフェース
  • 入力ラスターソースのライブプレビュー
  • その他の出力座標(測地系、国家系、ピクセルラスター、カスタム)でのエクスポート
  • MapTilerへのアップロードCloud
  • macOS上で署名・公証されたバイナリ
  • Linux用のAppImageコンテナ(DEB / RPM
  • 複数ファイルでの作業性向上 [Pro]
  • 8bit以外の画像のマニュアルスケール設定、Float画像のレンダリング [Plus/Pro].
  • ビジュアルデザインを一新した新GUI
  • 出力設定のUX向上 - 出力タイルのフォーマット、ズームレベル、ファイルベースのズームの変更
  • ピクセルプロファイル(Raster)のデフォルトのタイルサイズを512×512に変更しました。
  • ベクターとラスターのGeoPackageの生成が改善され、MapTilerでサポートされるようになりました。Cloud
  • Visual GeoreferencingツールにおけるGoogle Mapsの修正
  • 世界全体をカバーするベクターから生成されたタイルを修正(Natural EarthData )。
  • GeoPDFを開けるように修正

バージョン10.3

2019-11-21発売

  • Windows/macOS用に改良されたPDFライブラリを搭載したGDAL
  • 新しいカスタムTilingプリセット - Netherlands/New RD, EPSG:28992
  • チェコのEPSG:5514用カスタムTilingプリセットS-JTSKを更新しました。
  • カスタムTilingプリセットの引数を変更 [Pro].
  • ライセンスライブラリの問題を修正
  • グラフィックインターフェースの小さな改善

バージョン10.1

2019-05-10発売

  • MapTilerCloud の統合 - レンダリング後にアプリケーションから直接MBTilesをアップロード可能
  • GDALを2.4.1にアップデート(macOS, Windows版
  • 生成されたHTMLサンプルビューアのOpenLayersをv5.3.0に更新しました。
  • ファイルプレビューの背景を濃い色に変更
  • ダークシステムテーマに対応したグラフィックインターフェースの改善
  • TMSタイリングスキームおよびRaster非georeferenced画像用に生成されたHTMLビューアを修正。
  • その他、いくつかの小さな改善とバグ修正

バージョン10

2018-12-05発売

  • ベクトルタイルの描画(PBF形式
  • Amazon S3やGoogleCloud Storageに次ぐ、Azure Blobストレージへのタイルの高速アップロード。
  • バージョン4の認証を受けた新しいAmazon S3リージョン(米国イーストオハイオ州、カナダ、アジア太平洋地域、中国、EU
  • PROJ.4とGDALライブラリの更新(macOS, Windows
  • 新しいLinuxディストリビューションのバージョン - Ubuntu 18.10, Fedora 29
  • Linuxおよび新しいWindowsでのライセンス認証に関する問題を修正しました。
  • Windows XPのサポートを終了しました。
  • その他、いくつかの小さな改善とバグ修正

バージョン9.1

2018-05-21リリース

  • MapTilerDesktop 新しいロゴとカラースキームで、https://www.maptiler.com/desktop/ をご覧ください。

バージョン9

2018-04-19リリース

  • 参照画像をもとに自動補正を行うカラーコレクション
  • 新しいOpenLayers 4とLeaflet 1.0に対応したHTMLビューアを更新しました。
  • フォルダ内に出力されるZYXタイリングスキーム(主に日本の地図プロバイダーで使用されている
  • 新しいLinuxディストリビューションのリリースに対応したRPM/DEBパッケージ、例えば次のようなものです。Debian 9 and Testing, Ubuntu 18.04 LTS, Fedora 28
  • アドバンストタイルに新しいカスタムタイルグリッドを追加しました。チェコ、スロバキアで使用されているS-JTSK/Krovak、ロシアで使用されているYandex maps、ニュージーランドで使用されているNZGD2000、イギリスで使用されているOSGB 1936 (Ordnance Survey)、スイスとリヒテンシュタインで使用されているCH1903。
  • 選択された座標系での標準的なグローバルタイルグリッド
  • 複数のMapTilerアプリケーションを使用して、異なるMBTileをプレビューすることができます。
  • その他、いくつかの小さな改善とバグ修正

バージョン8

2017-07-05リリース

  • OGC GeoPackageでのタイルのエクスポート
  • 16または32ビットの整数入力バンドを8ビットにオートスケール化
  • より多くの入力ファイルに対応したグローバル・プロジェクション・カットライン【Pro
  • ソースファイルから透明度の高い色を選ぶ
  • フォルダ内に出力されるQuadKeyのタイリングスキーム(Microsoft Bingマップでおなじみ
  • 入力ファイルのバウンディングボックスのオンラインプレビュー
  • 座標系・投影系ライブラリの更新(PROJ 4.9.2
  • Amazon S3 / GoogleCloud Storageの認証情報をGUIで記憶する。

バージョン7.2

2016-10-24発売

  • 新しいGeoEditorモバイル/タブレットアプリ
  • モバイル端末ではDropboxではなくGoogle Drive経由でオフラインタイルを表示
  • 室内/フロアマップを簡単に作成できるコーナー位置
  • カスタムタイル」にプリセットされた「ジオデティックタイル
  • シンプルなレジュームモード(停止したプロセスのレンダリングを継続する) [Pro].
  • Baiduマップのネイティブタイル出力に対応
  • 選択可能なバンド(バンドの並び替えや無視)とグラフィカルなCLI
  • LinuxディストリビューションFedoraおよびUbuntuの新バージョン用パッケージ

バージョン7.1

2016-09-06リリース

  • MBTilesからS3 / GoogleCloud Storageへのベクタータイルのアップロードは、MapTilerまたはcloudpushコマンドラインユーティリティから直接行えます。
  • オフラインでも、デスクトップ上でダブルクリックするだけで、ベクターやラスターの地図を使ったMBTilesをプレビューすることができます。
  • ヘルプメニューには、現在オンラインチュートリアル、マニュアル、サポートチャネルへのリンクが含まれています。
  • 未完成のタイルセットの削除を防止する(GUIダイアログまたは-keep_unfinished引数) [Pro].
  • その他、いくつかの小さな改善とバグ修正

バージョン7

2016-07-05発売

  • ジオリファレンスの自動保存。ファイルを再度開いたときに、前回のジオリファレンスが読み込まれる
  • ジョージアフェレンサでのオーバーレイのビジュアルプレビュー - タイルレンダリングの前に!
  • 変換が可能(スケール、類似性、アフィン、多項式、TPS
  • アマゾンやグーグルのクラウドを利用し、ワンクリックで顧客に地図ポータルを提供
  • ラスターを含むすべてのプロファイルで可変スケールのRetina/HighDPIに対応
  • MBTilesのプレビューに背景マップを追加
  • モバイルやクラウドホスティングに簡単にアップロードできるアイコン
  • 生成されたMBTilesマップのメタデータには、画像を含むレジェンドが保存されています。
  • Amazon S3およびGoogleCloud StorageでのHTTPSホスティング
  • 今は入手できないMapQuestの地図を、独自のベースマップに置き換えた

Découvrez MapTiler en français!

Visitez maptiler.fr

Přečtěte si více v češtině

Více na maptiler.cz

Leer más en español

Visite maptiler.es

Meer in het Nederlands

Ga naar maptiler.nl

日本語で詳細をみる

maptiler.jp へ

Weitere Informationen finden Sie

auf MapTiler.de

ديزملا فشتكإ

maptiler.ae ىلإ ىقتنا

MapTilerをスイスで探す

MapTiler.chを見る